Scientist on Computer

研究

弘前大学社会医学講座は、前任の中路重之教授の時代より、健康増進、健康づくりに関わる人材育成やスポーツ医学を柱に発展してきました。中路先生が切り開いた岩木健康プロジェクトは、COI弘前の中核的なプロジェクトへと発展しました。また弘前市から委託を受けて育成した住民ボランティアである健康づくりのリーダーが地域でさまざまな活動を行っています。これらを講座の大切なレガシーとして、社会医学講座は、次のように研究分野を広げ、これまでの研究とともに深化させながら発展を続けています。

疫学、特に高齢期のうつ病と認知症の疫学

精神保健

高齢者保健

健康教育の理論と実践

環境保健

地域保健

産業保健

学校保健

医倫理学


 また、社会医学講座は、岩木健康増進プロジェクト健診といきいき健診(健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究)に参加しており、その成果の積極的な発信に努めています。また、厚生労働科学研究費補助金により、「認知症者における抑うつ・無気力に対する治療法に関するエビデンス構築を目指した研究」を福島県立医科大学会津医療センターや山形大学、東北大学とともに実施しています。