hirosakiuniv_edited.jpg

社会医学講座
DEPARTMENT OF SOCIAL MEDICINE

 
Circular Library

社会医学講座へようこそ

社会医学とは、

社会医学とは社会と医学の接点にあって、人々の健康を考え健康づくりを支援する学問です。健康増進と疾病予防から、疫学、医療や保健、福祉の制度や仕組み、専門家と住民との関係性まで幅広く研究します。それは専門家とは何なのかという問いや、支援を受ける者が誰なのかという問いを含み、両者の関係性を考えることは倫理学的研究にもつながります。こうした研究は、地域や職域、学校での実践活動と表裏一体をなすべきものです。弘前大学の社会医学講座は実践活動をしながら研究することを大切にしています。


研究分野

 弘前大学社会医学講座は、前任の中路重之教授の時代より、健康増進、健康づくりに関わる人材育成やスポーツ医学を柱に発展してきました。中路先生が切り開いた岩木健康プロジェクトは、COI弘前の中核的なプロジェクトへと発展しました。また弘前市から委託を受けて育成した住民ボランティアである健康づくりのリーダーが地域でさまざまな活動を行っています。これらを講座の大切なレガシーとして、社会医学講座は、次のように研究分野を広げ、これまでの研究とともに深化させながら発展を続けています。



疫学、特に高齢期のうつ病と認知症の疫学

精神保健

高齢者保健

健康教育の理論と実践

環境保健

地域保健

産業保健

学校保健

医倫理学


 また、社会医学講座は、岩木健康増進プロジェクト健診といきいき健診(健康長寿社会の実現を目指した大規模認知症コホート研究)に参加しており、その成果の積極的な発信に努めています。また、厚生労働科学研究費補助金により、「認知症者における抑うつ・無気力に対する治療法に関するエビデンス構築を目指した研究」を福島県立医科大学会津医療センターや山形大学、東北大学とともに実施しています。


教育

 大学院教育と学部に力を入れています。中路前教授(現弘前大学学長特別補佐)がセンター長を務める健康未来イノベーションセンターや、東京都健康長寿医療センター、広島大学精神科などとの共同研究を行っています。これにより、大学院生は、青森県内外で様々な研究を行うことが出来ます。また、アツギ株式会社、明治安田生命、ハウス食品などの企業との共同研究にも積極的に取り組んでいます。大学院への入学を希望する人は、気軽にご連絡ください。


 学部教育は、医学科2年生の「医用統計」と3年生の「社会医学」と社会医学実習、また4年生の「地域医療学」を担当しています。社会医学実習では、全学生に岩木健診に参加してもらい、市民や行政、企業を巻き込んだ健康づくりや疫学的調査の方法を体感してもらっています。

井原一成

社会医学講座

 

お知らせ一覧

博士課程学の鈴木伸章先生が卒業した。

おめでとうございます。

58725999-5874-47F3-AFFF-720D7CF14DA9_1_201_a.heic

ニュース

2021年10月13日

博士課程学の鈴木伸章先生が卒業した。
おめでとうございます。

もっと読む
Q&A Seminar

研究招待

2021年1月12日

弘前大学大学院医学研究科社会医学講座では
「生活の中に楽しみをみつけ自分らしく暮らす高齢社会構築に向けた医学調査 ―アンケート調査―」
により、参加者の方達から情報をご提供いただいております。

Trophies

業績一覧

2021年3月21日

  • 中路重之特任教授が筆頭著者である、岩木健康増進プロジェクトのプロトコール論文が発表されました。

  • 2019FY 研究室研修で岩木データを分析した学部生の金田真弥君(現4年)が筆頭著者で井原一成教授が共著者となっている論文が Biological Trace Element Research Journal に掲載されました。

 

Message from Professor

 

お問い合わせ

〒036-8562 青森県弘前市在府町5

Tel: +81-172-39-5041

Fax: +81-172-39-5038

Thanks for submitting!